072-685-8847 RF & Technology 
HOME製品情報技術情報リンクFAQ製品購入会社概要お問合せカスタム対応半田付けTipsサイトマップEnglish page

 技術情報 WCU−C251A 小型無線ユニット アナログ・デジタル通信ソフト実装品
外観・概要



WCU-251Aは、WCU-251にプログラムを実装した8chアナログ(12bitA/D)・8ポートデジタル通信実験ボードです。プログラム済みのため、電源オンで即ご使用いただけます。
  • 超小型 アンテナを含めて20x40mm
  • 設定により送信・受信の切替が可能
  • 8チャネルの12bitA/D変換信号の送受信が可能 (Vref 電源電圧)
  • 8ポートのデジタル信号(ON/OFF)の送受信が可能
  • 受信時、各信号のLCD表示出力が可能 (切替)
  • 受信時、デジタル信号の上位4ビットをポート出力が可能
  • 受信時、各信号をシリアルデータとして出力が可能
  • チャネル切替で4台同時使用が可能

設定
  送受信
項 目 使用ポート 設定値
送受信切替 P2.0  Hi:送信 (送信周期 5ms〜1s 連続送信)
 Lo:受信
送信動作周期切替
/受信動作ボーレート切替
P2.2
P2.1
 <送信時>
 P2.2 P2.1 周期 (A/Dサンプル周波数)
  Hi Hi 5ms    200Hz
  Hi Lo 10ms   100Hz
  Lo Hi 100ms   10Hz
  Lo Lo 1000ms   1Hz
 <受信時>
 P2.2 P2.1 シリアル出力ボーレート
  Hi Hi 230400bps
  Hi Lo 115200bps
  Lo Hi  38400bps
  Lo Lo  19200bps

 ※送受周期が速い場合、受信ボーレートも速くしないと取りこぼしが発生します。

周波数切替 P2.4
P2.3
 P2.4 P2.3 ch 周波数
  Hi  Hi   3 2478MHz
  Hi  Lo   2 2453MHz
  Lo  Hi   1 2428MHz
  Lo  Lo   0 2403MHz
入出力ポート P1.7〜P1.0
P0.7〜P0.0
 <送信時>
 P1.7〜P1.0  デジタル入力ポート
 P0.7〜P0.0  アナログ入力ポート
<受信時>
 P1.6〜P1.0  LCD出力ポート
 P0.7〜P0.4  デジタル出力ポート  上位4ビット
 P0.3      シリアル出力ポート
 P0.2〜P0.0  表示設定入力ポート
※送信時P1は内部プルアップなし、P2は内部プルアップありとなっています。
※受信時P0.2〜P0.0、P2とも内部プルアップありとなっています。
※電波が途切れても受信側のデジタル出力は保存されます。シリアルデータは途絶えます。

 受信時シリアル出力
 
項 目 仕様
通信手順 通信速度    : P2.2 P2.1の設定値による
パリティー    : なし
データビット数 : 8
ストップビット  : 1
その他制御   : なし
※レベル変換していませんのでPC等との接続にはご注意ください。
送信動作同期切替
/受信動作ボーレート切替
電波を受信するとデータ出力を行います。データ系列は次の通り。
     AN0:AN1:AN2:AN3:AN4:AN5:AN6:AN7:P1:CNT:(CR/LF)
BYTE数
  2 2 2 2 2 2 2 2 1 1 計18Byte

AN0〜AN7 :P0 12bitA/Dデータ 7FFFh〜0000h (HLの順)
P1    :P1 デジタルデータ 00h〜FFh
CNT    :A/Dカウント値 連続で00h〜FFhを繰り返します。
ASCII形式 CR/L付き
データ例)7FE07FCC7FDC7FE47FE87FBC7FFF7FFFFF01
※A/D値は起動時にゼロ調整を行っています。
※個々のばらつきなどで誤差が生じることがあります。



 受信時LCD表示
 
項 目 仕様
LCD表示端子 推奨LCD 16桁x2行
動作確認済みモジュール 秋月電子 SC1602BSLB、SD1602HULB
(5V-3.3V電圧レベル変換を通して)
P1.6  R/W
P1.5  RS
P1.4  EN
P1.3〜P1.0  DATA(DB7〜DB4)
※レベル変換していませんのでLCDとの接続にはご注意ください。

表示切替
スイッチ

P0.0 詳細データ表示の切替 アップ
P0.1 詳細データ表示の切替 ダウン
P0.2 Hex・mV表示の切替 mV表示は、フルスケール3.3V換算
※LCD表示を切り替えてもシリアル出力には影響しません。


送信側参考回路図



ディップスイッチの6番を開放(OFF)すると送信ユニットとして動作します。C1〜C16はノイズ低減用コンデンサです。場合により削減することができます。ディップスイッチの切替で受信ユニットとしても動作しますので、プッシュスイッチを押すと出力ポートがショートする可能性があります。ご注意ください。

受信側参考回路図



ディップスイッチの6番をショート(ON)すると受信ユニットとして動作します。デジタルポートの上位4ビット及びLCD表示、シリアル出力を行います。LCD表示はP0.2〜P0.0の操作により切り替えることが可能です。各出力はレベル変換していませんので、接続にご注意ください。

実験ボードWCU-CTBを使用してのテスト

専用実験ボードWCU-CTBを使用するとより簡単に通信実験が行えます。
上記参考回路のパターンが引かれてありますので、各電子部品を実装するとアナデジリモートコントロールのテストが行えます。
送信側、受信側に分けて実装すると下のようになります。

送信側 受信側

LCD表示はポート操作で各チャネルを切替できます。




シリアル出力をPCで記録してエクセルでプロットさせた場合 (8ch中、1chのみサイン波)




(C) 2006. K2-denshi,INC. ALL RIGHTS RESERVED.