072-685-8847 RF & Technology 
HOME製品情報技術情報リンクFAQ製品購入会社概要お問合せカスタム対応半田付けTipsサイトマップEnglish page

 技術情報 PonyProg2000 プログラムライタ
概要

PonyProg2000は、PICマイコン、AVRマイコン、その他EEPROMのリードライタソフトです。WCU-241は、EEPROMに25320を使用しており、ソフトのリードライトにPonyProg2000を使用して行います。PonyProg2000はフリーソフトです。リンクページのPonyProgからダウンロードが可能です。
ページ中央にある「Download page」からV1.17hをダウンロードし、インストールしてください。
(V2.06C BETAでも一応動作するようです)

設定方法

WCU-241にプログラム用の回路(自作)を接続するか、専用マザーボードのWCU-24Mを接続します。PC側は232Cケーブルで接続します。
PonyProg2000を使用する前には設定が必要です。
立ち上げた後、次の項目を設定します。
使用するデバイスをEEPROMに変更します。




インターフェースのポート・極性を変更します。


Setup > Interface Setup を選択します。




セットアップ画面が現れますので、上記のように使用するCOMポートを選択し、極性を3箇所反転(Invert)にします。
以上でOKを押して終了します。
※Cancelを押すとInvertが全てキャンセルされますのでご注意ください。

使用方法

プログラムのリード



Open Device Fileアイコンをクリックして書込み用のファイルを選択します。(***.hexなど)
(付属ソフトのSherpaからPonyProgを起動した場合は、自動でファイルが読込まれます)


プログラムのライト




次にWrite DeviceアイコンをクリックしてEEPROMにデータを転送します。
転送後、sucsessが表示されればOKです。
232Cの接続ミスやPonyProg2000の設定に問題がある場合は、エラーが表示されます。


(C) 2006. K2-denshi,INC. ALL RIGHTS RESERVED.